高等専修学校とは?
学習内容
サークル活動
年間行事
技能連携制度とは?
募集要項・費用
就学支援金制度
Q&Aコーナー
転入・編入相談
サイトポリシー
サイトマップ
自己点検・学校関係者評価
卒業生・各種証明書発行手続き































































































































































































自己点検および学校関係者評価委員会 報告書

平成30年度 駿河学院専門学校 自己点検および学校関係者評価委員会 報告書

評価:○適切・・・4  ○ほぼ適切・・・3  ○やや不適切・・・2  ○不適切・・・1

重点目標
1.健全な青少年を育成する。
2.一人ひとりを大切にする教育体制を構築する。
3.入学を志願する生徒数を増加させる。

1教育理念・目標
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
教育理念並びに教育目標が
明確に示されているか
4

4
(保護者)
保護者が学校に来る回数が少
ないのでわからないことが多
い。
教育目標は卒業時の到達が
読みとれるものになってい
るか
4

4
教育理念並びに教育目標は
定期的に見直されているか
4
現在提供できている教材に満足せず、教材の改善は毎年行い、新たな教材についても必要に応じて作成する。
4
教育理念並びに教育目標が
教職員・生徒に浸透してい
るか
3
教職員の経験年数とともに、全体の研修、個別の研修を行う。
特に個々の教育理念及び教育目標に対する受け止め方の現状を把握した上で研修を行う。
教職員の校務分掌を固定化せず、様々な担当を経験できるようにする。
3

2.教育活動
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
カリキュラムは教育目標が
反映されているか
4
講師の先生方の時間数を増やすことや高
指数を増やし時間の確保を行う。
4
(卒業生)
資格取得はプレッシャーや落
ちた時のことを考えてしまい
さけていた。

(保護者)
落ちてしまうと受ける気持ち
がなくなってしまう。

(町内会)
どんなことをしているのか初
めて知った。様々なことをし
ていることに驚いた。
定期的なカリキュラムの見
直しがなされているか
4
現状のカリキュラムにおける問題点は毎
年確認し。次のカリキュラム変更時に参
考となるように記録に記す。
4
テキストや教材は適切なも
のを選定しているか

4
授業の点検・評価が適切に
実施されているか

4
試験資格の合格率は
3
具体的な取得例を作成し、将来につなが
る取得方法例を作成し、生徒がイメージ
しやすいようにする。
3
資格試験不合格者の対策は
3
資格を取得することメリットについて生
徒にもう少しわかりやす資料等を作成す
る。
3
評価は適切な方法で行われ
ているか
4

4
目標に到達しない生徒に対
し適切なフォローがなされ
ているか
3
生徒がどこまで理解しているのか確認し
ながら対応していく。
3
進級、卒業の判定審査は適
切に実施されているか
4



3.生徒受入
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
生徒募集のための資料の表
現・内容並びに募集活動の
方法・時期は適切か
中学校側の日程を考慮し行う。記載内容
については中学校、保護者からの意見等
も参考に資料作成を行う。
4
(保護者)
親戚が通っていたため、学校の情報は入っていた。学校見学も多くしたため、学校についてより知ることができた。

(卒業生)
中学校の説明会に来てくれたので知ることができた。親に相談して夏に見学することができた。

(町内会)
自分の子供中学校3年生宇だが、情報は知らなかった。学校の説明会に来てもらいたい。中学校の説明会等に来て興味を持つ子供もいる。
入学案内には志願者が必要
とする情報が掲載されてい
るか
3
今後も意見としていただいたことを可能
なことについては反映させ、見る側がわ
かりやすくなるようにする。
3
募集要項の内容は適切か
4
今年度より学費の記載面を変更したが、
中学校側からはわかりやすい記載方法だ
ったとの意見をいただいた。
4
学校見学会の時期、内容は
適切か
4
いつでも学校見学の受付をしている。
見学を希望する側の都合も考慮し時期を
検討する。
4
入学者選抜の時期、方針、
方法は適切か
4

4
志願者状況、定員充足率は
どうか
3
「この学校で学習した」と」思われるよ
うに教育内容、施設等も含め改善する。
当面は教育活動内容を改善し、在校生の
満足度を高める。
3
中途退学の理由・実情を適
切に把握しているか
4

4

4.教職員組織
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
専任教員は設置基準を満た
しているか
4

4
特になし。
専任教員1人あたりの担当
科目時間数は適切か
3
講師の先生方で担当してもらえる授業は
担当してもらえるなど工夫し、負担を軽
減するとともに教員のスキルアップも必
要となる。
3
教職員の業務分掌は明確に
なっているか
4

4
教職員の能力、業務内容の
評価を定期的に実施してい
るか
4

4
教職員の資質向上のための
システムは適切に構築され
ているか
3
授業のない夏休み期間中の研修を増や
す。
個別の相談機会を増やす。
3
職員は業務が滞りなく遂行
できる人数を雇用している
4

4

5.施設・設備等
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
教室は学習を行うのに充分
な面積を有しているか
4

4
特になし。
実習室は実習を行うのに充
分な面積を有しているか
4

4
実習設備は整備されている
4

4
教室・実習室の管理は適切
に行われているか
4

4
生徒が自学自習できる教室
を有しているか
4

4
保健室は適切に整備されて
いるか
4

4
教育用機器備品は整備され
ており活用されているか

4
職員室の管理は適切に行わ
れているか
4

4
事務室の管理は適切に行わ
れているか
4

4

6.生徒生活支援
評価項目
自己
評価
改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
生徒と相談する体制が整
備・機能しているか
4

4
特になし。
各学校行事について、適切
な事後反省を行っているか
3
姉妹校と合同の打合せ機会を増やす。
3
防犯・防災訓練の実施等、
不法侵入・災害に対する整
備は万全か
4

4
進路活動に関する支援が整
備され、機能しているか
4

4

7.管理・運営
評価項目



改善のための方策
関係
者評
学校関係者評価委員の意見
消防計画、学校安全計画等
は適切に整備されているか
消防計画の記載内容(担当者)を役職名
で記載してあった件で消防より修正依頼
があり、担当者名にして提出をした。依
頼があればその都度対応をする。
4
特になし。
個人情報保護法を遵守して
いるか
4

4
セクシャルハラスメントに
対する防止・対応策が整備
されているか
4

4

以上、本校の教育研究活動等の学校関係者委員会の意見として報告します




〒420-0834 静岡県静岡市葵区音羽町19番22号 TEL.054-247-1235 FAX.054-245-2351